結婚式をするなら、暑くもなく寒くもない春や秋がいい、多くの方がそう思いますよね。わたし自身、夏の結婚式は汗でメイクが崩れるし、最近お決まりとなっているガーデンウェディングは紫外線が気になるし、あんまり好きとは言えません。反対に冬の結婚式は、当然のことながら、寒い!ドレスを着る女の子としては特に辛い時期ですよね。

だからやっぱり10月とかゴールデンウィークあたりって結婚式が集中しますよね。だけど、わたしが今までに出た結婚式で、冬なのにすご~く良かった結婚式があったんです。しかも冬も真冬の2月。それなのにあの結婚式は良かったなぁ~。

それは覚王山にあるル・アンジェ教会での結婚式、これまた高校の同級生の結婚式でした。覚王山 ル・アンジェ教会のウリってなんて言っても石の大階段!あれがホントに素敵なんですよね~。だけど覚王山 ル・アンジェ教会は大階段だけじゃなく、その先もまるでヨーロッパの古路のようで、すごーーーくかわいいんです!周りはどれも石でできていて、柔らかいオレンジの灯りとの相性がまたいい!

わたしの勝手なイメージですが、ヨーロッパってなんとなく冬の方が味があると思うんですよね。覚王山 ル・アンジェ教会はヨーロッパ調の建築なので、寒い時期の結婚式に覚王山 ル・アンジェ教会を選んだ友達は賢いと思いました。

参列した同級生とも終始かわいい~!っていいながら、ひたすら写真を撮りまくりました(笑)ディズニーシーのようなあの感じは、ヨーロッパ好きにはたまらないと思いますよー。

あと、覚王山 ル・アンジェ教会はお料理も良かったと思います。野菜の素材が凄くいいし、お肉も最高!100名近い規模の結婚式だったのですが、あの人数にサーブしてお肉が焼きたてなのには驚きました。

ドリンクもシャンパンやワインに独特のこだわりがあったし、さすがヨーロッパ調を歌っている結婚式場だけあるなーと思いました。石畳とか好きな方には是非とも行ってみてほしいと思います。