人とは違う結婚式にしたい、ゲストにちゃんと覚えていてもらえるような結婚式にしたい、そんな方には名古屋市の東区にある結婚式”百花籠”が良いかもしれません。

まるで明治時代にタイムスリップしたかのような独特の和モダンな雰囲気は好き嫌いがあるかもしれませんが、百花籠の結婚式は絶対に記憶に残ると思います。

わたしは会社の同期の結婚式で行きましたが、終始同期たちとすごいねーなんて言ってました。他の結婚式とは全然違う独特の雰囲気がとっても良かったです。

百花籠で結婚式をするなら、和装は絶対!って感じです。非現実的な結婚式だけど、参列者のドレスコードが和装で、みんな袴とかできたら絶対にいい結婚式になると思います。最近花魁ブームなのもあるし、たまにはこういうコスプレ的な結婚式もいいと思います。

百花籠は建物もとても格式高くて、天井がものすごく高いのが特徴です。同期の結婚式ではパイプオルガンやトランペットの生演奏まであったのですが、音が響いて迫力がものすごいです!見た目と音のインパクトが凄すぎて、圧倒されたのを覚えています。やっぱり結婚式ではこういう演出がものを言いますよね。これって名古屋の人ならではかもしれませんが。。

反対に百花籠の欠点っていうと、親族におばあちゃんとかが参列するならどうかなと言うところです。百花籠は敷地がそれなりに広いし、なんせ明治風なので段差とかも結構ありました。椅子も明治風で机は長机、めちゃくちゃかっこいいんですが、座り心地は良いとは言えません。

さらに最寄り駅からは距離が結構あるので、百花籠まで電車で行くならシャトルバスに乗ることになります。その辺を考えると、高齢者の方が多い結婚式なんかだと考えた方がいいかもしれませんね。

けど何にも代え難い独特の雰囲気は百花籠にしかないものだし、ちょっと変わった結婚式をしたいって考えているなら一度見学してみるといいと思います。